01人生の棚卸をする

社労士として開業する前に前提としてしておくといいこと、しておくべきこととしてあげられるのが、「人生の棚卸」です。
いままでの自分の人生を振り返って「知識」や「経験」を紙に書き出し、今後の社労士人生に活かすべき自分だけの「武器」をみつけましょう。
自分の強みの明確化ですね。

戦略的に営業しておくためや、自分の強みをみつけるためにも、この経験の洗い出しをきちんとしておきましょう。
洗い出し、言語化しておくことが重要です。
言葉にすることでの意識づけの効果が驚くほどあることに気づくことでしょう。

なんとなくぼんやりと考えているだけでは得られない着想が得られると思います。
そんなにすごい経験など自分にはない、と思ってしまう方もいるかもしれませんが、そんなにすごい経験だけが必要とされるわけではありません。

ありふれた仕事も、アルバイトでさえ、切り口を変えれば立派な武器になりえます。
いままで自分がしてきたことを整理し、今後社労士としてどんな業種に営業をかけるのが戦略的か、と考えたり、自分の強みやアピールポイントを把握しておくことは重要になります。

なんだか就職活動みたいではありますが、やはり言葉にしてみる、書き出してみるという作業によって得られるものはあると思います。
あなた自身が商品となってお客様である会社の役に立つわけですから、まずは自らの価値や特性をしっかりと分析することから始めてみませんか?

過去を振り返ることで未來の計画を練る、という提案でした。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ