06HP(ホームページ)の作成

社労士事務所のHP(ホームページ)を作成することは昨今の状況を考えると必須といえるでしょう。
事務所名を検索してきたり、「社労士+地名」で検索をかけてきたりする見込み客はこれからも増え続けるため、インターネットを利用した集客も大切になってきます。
HPの作成を業者に依頼すると通常10万以上のコストが発生してしまいます。
業者に依頼する方法と、自分で自作する方法に分かれますが、ここでは両方のメリット・デメリットをみましょう。
まず業者に頼む場合、メリットとしては、①キレイなホームページが完成する、②手間がかからない、③機能が充実したHPになる、④比較的短期間で完成する、などがあげられます。
逆にデメリットとしては、①制作コストが高額になる、②維持管理費が発生する、③更新・編集がスムーズにできない、④イメージと違うHPが完成する、などがあります。
それでは自作の場合はどうでしょうか。まずメリットとしては、①コストが安い、②更新・編集がスムーズにできる、③維持費も安い、④自分で作成しているので内容を把握できる、などがあげられます。
反対にデメリットは、①手間がかかる、②時間がかかる、③デザイン性に問題がある、などがあります。
おすすめの方法としては、まず事務所設立当初は自作でつくって「小さく早く始めて→業務に伴って大きく育てていく」方針でやっていき、ある程度の期間がたちコンテンツが充実してきたら、業者にデザイン性の高いHPを依頼するのがよいでしょう。
この場合でも業者に依頼したのちも、自らで更新作業ができるようにしておくなど打ち合わせをしておく必要があるでしょう。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ