10ひとつ上をいく営業法

どのように顧客を開拓して営業していくのか、多くの社労士が頭を悩ませる問題です。
いくつかのトピックに分けて取り組みやすい営業法をご紹介していきましょう。
商工会議所のセミナーなどでは講師を募集していることがあります。
もしあなたに依頼があったり、自分から手を挙げて講師ができる状況にあれば積極的に受けてみるべきです。
社会保険や労務管理についての講座を持つことができれば、受講生やその情報を知りうる人に対して、かなりの宣伝効果になると考えられます。
さらにその講座を受講してる生徒は講座内容に興味を持っている人ばかりなのでうまくいけば即仕事化することも可能となります。
また新規顧客の候補としてあげられるのは設立したばかりの企業です。
設立したばかりの企業の情報はどのようにすれば手に入れることができるでしょうか?
新しくできた企業の情報は、法務局の「商号調査簿」を閲覧すれば簡単に手に入れることができます。(閲覧は無料です)
この商号調査簿に記載されている情報は企業名と本社の住所だけなので、DMを送る場合は「○○会社 代表取締役社長様」としましょう。
この方法は手間暇がかかるというデメリットがあるので効率的大量にDMの送付先の情報が知りたい場合は名簿業者を利用するのも1つの手でしょう。
ただし名簿業者の情報は最新のものを反映しているかわからないので紹介した手と併用していくのをおすすめします。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ