社労士は独学でも受かるのか?

社労士試験は独学でも合格は可能です(小さい声で。)
不可能ではありません、という書き方が真実味があるでしょうか。
それくらい難しいことだとは思います。
とくにすべて独学でというのは相当難しいことだと思います。

ただでさえ合格率5~8%の難易度が高い試験で、ライバルはみな予備校などでみっちりプロに対策を立ててもらってきているのを打ち負かさないといけないのが現実です。

ただ独学に向いている方もいると思います。

自分の学習ペースは自分で決めたい方。
予備校などに定期的に通ったりが難しく、勉強時間もすべて自分で管理したいという独立心のある方。
講義などをじっくり聞くのがまどろっこしく感じてしまう頭の回転が早い方。

テキストのみで理解が可能な方。
講義などを聞かなくても市販のテキストだけで理解していくことが可能で、わからない箇所も先生に聞かないで自分で調べてしまえるような学習能力の非常に高い方。
その道のプロのアドバイスを必要としない、それ以上の分析力を有する方。

法学部出身で労働法などの知識の素地がある方。
学生時代に法律を勉強していて、社労士の学習にすんなりと入っていけるレベルにある方。
過去問などを解答をみながらひとりでこなしていけるだけの知的筋力がそなわっている方。

孤独に勉強を続けていける方。
短くても1年近く集中的に勉強できるだけの時間的余裕がある方。(これはみんなそうですが。)
予備校で同じ境遇にあるひとたちと情報交換したりするのはあきらめないといけません。
ただ昨今ではネットなどで同じ志の方と出会いやすいです。

試験対策費用を最小化したい方。
使うお金はほぼテキスト代のみ、最低額のコストで合格を目指したい方。
予備校だと2~30万、通信教育でも7~8万前後の費用が必要。

個人的には独学はあまりおすすめしません。
例外的にできる人であれば可能なのではないかと思いますが。

一般的には予備校や通信教育などフォロー体制がしっかりしている中で基本を身に着けて対策もして挑戦する。
2年目以降は習熟度を見ながら独学の道も検討する、という方向でいいのではないでしょうか。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ