社労士試験の難易度はどれくらい??

社労士試験の合格率は5~8%とかなり狭き門となっています。
毎年5万人以上の方々が受験し、合格者は4000人前後です。
(申し込みしたのに受験しない人が1万人以上いるとか。)

実際には記念受験組もいるでしょうが、10人に1人受かるかどうかのかなり難易度の高い試験です。
合格率ひと桁の試験というと弁理士や司法書士などの難関資格が思い浮かびますね。
社会保険労務士も難関資格の部類に入るでしょう。

社労士は税理士や中小企業診断士などのように合格科目を繰り越せる制度がないので毎年一発勝負です。
苦手科目の1点に泣く、ということが起こりがちです。

1発で合格となるとかなり難しく、2~3回の受験はあたりまえのようです。
4回目、5回目にチャレンジするという方も珍しくないです。
働きながら資格を目指している人が主流なのでみなさん長丁場で受験勉強に臨んでいます。

社労士試験は科目数が8科目と試験範囲がとても広いです。
法律の硬い用語にも慣れないといけませんし、膨大の量のインプットが必要になります。

試験では足切りがあるので、各科目の最低点に届かないとどんなに総合点が高くても不合格になってしまいます。
苦手科目をつくらないように総合的にレベルを上げていかなくてはなりません。

とここまで試験のむずかしさを強調してしまいましたが、
社労士の試験はしっかりと勉強をすれば他の難関資格よりは合格しやすい試験だといえると思います。

試験はマークシート方式なので答えを選べばよいという利点があります。
解答にふさわしい言葉を選べばよいのです。

科目別必要最低得点が定められているということは、
相対的に他の受験者よりも正答率を上げていけばいいということになります。

周りとの比較ということで予備校の模試などを参考にしやすいでしょう。

また社会保険労務士の合格者には他の資格と比べて女性が多いのが特徴です。
約3割の合格者が女性で、その専門性と働きやすさから女性に人気のある難関資格です。

また合格者は30代40代が多く、
一定の社会経験のある層が働きながら資格を取得しているという側面があるようです。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ