広がる活躍のフィールド?

社労士のフィールドは広範囲かつ専門性があるため、スキルさえ磨けば優位な立場で仕事を進めることができるでしょう。
特に独立して社労士事務所をやっていくには何かウリがあると仕事を得やすいはずです。

社労士の基本的な仕事プラスアルファで得意分野を持つと業界でもユニークな位置づけで仕事ができます。
企業に勤める社労士でも仕事内容から自分の得意な分野のスキルを磨いていくとよいと思います。

特にこれからの時代に社労士に求められるのはコンサルティング能力といわれています。
コンサルティングは社労士の独占業務ではありませんが、これができる事務所が求められる時代です。

例えば、従業員の能力や成果などを測定する効率的な「人事評価制度」、
その結果を反映させる「賞与制度」や「給与制度」また「目標管理制度」などの設計や構築を手がける人事制度コンサルタントとしてのスキルと高めれば多くの企業から必要とされることでしょう。
こうした分野により高いスキルでコンサルティングできる社労士がいたら仕事は殺到すると思われます。

そのほかにも、例えば年金や退職金に関するコンサルタント業務。
資格試験予備校の社労士コースででの受験指導。
民間企業が行う社員研修の講師業。
各方面の行政官庁における相談業務。
書籍の執筆、そのほか活躍のフィールドは無限大にあります。

セミナーや研修を中心に独立しているという立ち位置の人もいれば、
年金業務を中心に顧客を増やしているという人もいるように、それぞれのストロングポイントが事務所の看板となります。

自分が得意とする分野でスキルを身につければ優位に仕事を進めていけるというのはあたりまえのことではありますが、
社労士になってすぐに、またはなる前からどんな分野の経験値をためて仕事をしていこうかなと計画するのは大切だと思います。

社労士+オリジナルの専門性で、一歩抜きんでた社労士を目指しましょう。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ