さまざまな勉強方法

社労士試験の勉強方法は3つあります。
スクール・予備校に通学する、通信講座を受講する、そして独学で勉強する、です。
コスト面、時間的な融通度合い、そのほかそれぞれメリットとデメリットがあります。
通学講座は、仲間と一緒に勉強がしたかったり、自宅や勤務先から通えるところにスクールがある場合や、20~30万以上の費用がかかってもOKな人向けです。
通信講座は自分のペースで勉強したかったり、自宅や勤務先から通えるスクールがない場合や、費用は数万円程度で済ませたいと思う人などに向いています。
通学講座や通信講座はカリキュラムがしっかりと練られていますから初学者にはおすすめです。
逆に独学は初学者には厳しく、一度ひととおりスクールで勉強した再挑戦組におすすめです。
避けたいのは途中からのコース変更をすることです。
独学で始めたものの、あわてて通学講座や通信講座に変更するといったケースはおすすめできません。
一度決めたら試験当日まで自分が選んだ方法を信じて取り組みましょう。
最後まで続けられるような自分に合った方法を選ぶことが大切です。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ