社会保険労務士の年収・収入は?

社労士の年収や収入ってどれくらいでしょうか。

とあるデータだと平均年収は600万程度だといわれています。
(850万以上というデータもありました。)
正社員のサラリーマンの平均年収が400万ちょっとと考えるとなかなかの数字ではないでしょうか。

専門性がある仕事というのは重宝されるということでしょう。
600万はあくまで平均ですから稼ぐ方は相当稼ぐので実際にはかなりひらきがありそうです。

年収1000万を超える開業社労士もたくさんいらっしゃいますが、
300万程度の方もいらっしゃるみたいです。

主婦をしながら社労士としてパートで勤めている層の方もいます。
その中でもとくにベテランの開業社労士の方は1000万を超える方が多いようです。
顧客の数や質によって差がひらくみたいですが、知識と経験を積み重ねれば成功できる可能性が高い職業ですね。

クライアントの顧問料(報酬)は自由に設定できるみたいですが相場はあります。
例えば5人以上10名未満の企業であれば月額3万円、
10名以上20名未満は4万円、
20名以上30名未満は5万円、といった感じです。(※一例です。)

顧問先を20社から30社確保できれば月商100万円、年商1000万以上の立派な社労士事務所です。
事務所を自宅にすれば経費もさほどかからず20~30社程度なら自分1人でも十分管理可能だといえます。
とはいえその顧問先を見つけるのが大変なのですが、努力次第で可能な範囲といえるのはないでしょうか?

また大型のコンサル案件では数100万以上の報酬も見込めます。
通常、設計フェーズだけでも半年から1年程度という長期にわたるものが多く、報酬総額が数百万円となることもあるようです。
また調査・分析もしくは企画・立案業務などで難易度によって数10万から100万円程度の報酬が見込まれます。

民間企業から講演やセミナー講師を頼まれた場合、2~3時間でも3~5万円の報酬は普通ですし、
研修講師などでは一日10万円程度の報酬も珍しくないようです。
社労士の仕事は定型の書類作成からコンサルまで多岐にわたります。

社労士であればだれでもできる仕事であれば報酬の上限も限られてくるでしょうが、
専門性を活かして独自の仕事をしていく手腕があれば高確率で稼げる仕事のようです。

開業された方の中には実際に年収1000万以上の社労士の方はけっこういらっしゃるようで、努力次第では年収1000万円も夢ではないですよ。

また勤務社労士として組織に勤める道を選べば安定した収入が得られるでしょう。
約3万人いる社労士の3分の1ほどの人たちがこうした勤務社労士を選択しているようです。
とびぬけた高収入は望めませんが専門性を活かしてチームで働きたい、安定した収入が得たい方におすすめです。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ