労働安全衛生法

職場の「安全および衛生」については、もともと労基法にありましたが、
その後規定の条文数が増えたことから昭和47年に安全衛生の部分を「労働安全衛生法」として独立させました。
同法も労基法と同様に労働者の保護の立場を貫いています。
労働安全衛生法には「安全衛生管理体制」「機械・有害物に関する規則」「健康保持増進のための措置」があります。
労働者の労働災害を防止するために職場での安全衛生を管理する体制を確立し安全衛生活動に取り組むことが「安全衛生管理体制」です。
労働者の扱う危険度の高い機械には製造するための許可が必要で定期検査も必要な場合があります。
一方、有害物については製造や輸入が禁止されているものや、ラベルを貼るなど内容物の義務付けを行っています。
これらが「機械・有害物に関する規制」になります。
労働者の安全と健康を確保するために、労働安全衛生法では過労死を防止し健康診断の実施を義務付ける「健康保持増進のための措置」がとられています。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ