厚生年金保険法

厚生年金の対象者は民間のサラリーマンです。
厚生年金が適応される事業に雇用されると70歳未満であれば強制的に被保険者になります。
退職して自営業をはじめた方や専業主婦になった場合は厚生年金の被保険者ではなくなります。
給付を担う財源は保険料と国庫負担があります。
保険料は労使折半、保険料の天引きと事業主負担です。
国庫負担は基礎年金部分の約2分の1です。
保険給付は老齢、障害、死亡について行われます。
老齢厚生年金、障害厚生年金、遺族厚生年金があります。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ