労働保険料徴収法

労災保険と雇用保険を別々に手続きすると煩雑なため、
昭和47年に一元化され、労働保険料徴収法が制定されます。
徴収法の目的は3つあります。
1つめは、保険関係の成立と消滅。
原則1名でも労働者を使用すると保険関係はその事業を開始したときに成立し、事業を廃止したときに消滅します。
2つめは、労働保険料の計算と納付。
労働保険料とは労災保険料と雇用保険料であり、一般保険料と特別加入保険料、印紙保険料を指します。
3つめは、労働保険事務組合。
労働保険の事務処理を外部の専門機関である労働保険事務組合に委託できます。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ