労務管理士の登場

労働諸法令の制定にともなって1950年ごろから戦後の新しい労務管理の在り方を求めて、全国的に労務に関する相談、指導などの仕事をする人たちが現れました。
当時の新しい人権感覚に基づいた労働諸法令の労務事務手続きにとまどっている中小企業に対して、税理士、行政書士などらが労務コンサルタントあるいは労務士という名称で、行政機関に事業主を代行してこれらの事務手続きを行ってきました。
その後社団法人組織の団体が設立され、「労務管理士」という名称が統一的に使われるようになりました。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ