勉強の流れ

通学講座・通信講座・独学・などの勉強方法を選んだら、勉強の流れについてつかんでおきましょう。
社会保険労務士の試験は知識を頭に入れるインプット学習と実際に問題を解きながら解答力を高めていくアウトプット学習があります。
まずはじめにとりかかるのはインプット学習です。
例えば10月から勉強を開始する人は2月までの前半5ヶ月間を「インプット学習」の期間として、この間に各科目を3回転以上学習を完了させます。
そして7月までの後半5ヶ月間は「アウトプット」の学習です。平日には自宅で「過去問題集」(過去問)を解き進め、休日には「答案練習会」(答錬)や「模擬試験」に取り組みながら実践さながらの問題に触れていきます。
最後の1カ月にあたる8月には「最終調整」を行います。
ここで全体を総点検し、弱点を補強し、試験に向けて最終調整を行います。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ