社労士の種類

社労士には開業社労士と勤務社労士の2種類あります。
開業社労士とは、事務所(自宅兼事務所可)を構えて自ら事業主になり、独立開業して社労士の仕事をするものです。

開業して成功している中には年収1000万円以上稼ぐ人たちも多く存在します。
社労士全体の平均年収は600万程度といわれています。

開業して成功するには、専門スキルと同時に「営業力」も必要になってくると思います。
顧客をつかまえてくるという経営者としてのアグレッシブな適性には向き不向きがあるかもしれません。

反対に安定した組織の中で社会保険労務士としての専門性を活かすのが勤務社労士です。
勤労社労士は事務所や企業などの組織に属しながら社労士の仕事をするもので、そのなかでも2つのパターンに分かれます。

1つは「社会保険労務士事務所」に勤務するケース(必ずしも社労士の資格がある必要はない)。
もう1つは社労士事務所以外の「一般の企業」に社労士の有資格者として勤めるケースです。

企業に勤める場合では総務部門の労務管理などの仕事に携わるケースが多いです。
ほかにも金融関係の仕事に有資格者として携わる場合もあります。

試験に合格したら、すぐに独立開業して開業社労士として資格を活かす人もいれば、一度社労士事務所に就職して仕事のやり方や事務所の運営など基本的な事項を勉強してから開業する人もいます。

とくに社労士事務所で働く場合は、実際に事務所の経営を間近で見ながら修行ができるので独立を考えている方にはおすすめかもしれません。
事務所によって得意分野が違ってくるため自分が将来携わりたい分野を集中的にやっている事務所なのかどうかも事務所選びのポイントになりそうです。

また資格を取得した後でもそれまで働いていた会社に勤め続けるケースももちろんあります。

とくに女性には資格があることで再就職しやすかったりパートタイムなど勤務形態を選べたりすることで勤務社労士が人気があります。
もちろん女性でも独立開業してバリバリ働いている方はいらっしゃいます。

こうしてみると資格取得後の選択肢にもいろいろと道があるようですね。
勤務社労士として組織で安定して働く、開業して夢を追いかけるなど社労士は多様な働き方が可能です。

社労士資格を手に入れれば再就職、再チャレンジがしやすいのも魅力ですね。
自分に合ったキャリアで社労士として活躍ができるよう社労士に合格する前からキャリアパスを思い描いておくといいでしょう。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ