社労士とは?

社会保険労務士は何をする人々なのでしょうか?

「士」とつく職業は他にもたくさんありますが、弁護士や公認会計士といった職業ほど有名ではないかもしれません。
名前から社会保険や労務に関する職業だと想像がつきますね。

わかりやすくいうと人事・労務管理のプロフェッショナルです。

具体的な社労士の仕事は、社会保険の加入・給付の手続き業務、人事労務の相談、社会保険料や給与計算などです。
契約しているクライアントの企業について上記のような各種サービスを提供しています。

ほかにも就業規則、給与規定などの作成、労働保険や社会保険手続きの代行業務、各種助成金の提案や申請代行、解雇等、労使間の労働トラブルへの対応、社員の賃金制度・各種退職金制度に関する相談、人事制度に関するコンサルティングなど細かく見ていくと幅広い仕事内容になっています。

顧客となる事業者にも個人と法人がありますが、主な仕事相手は多くが法人事業者、企業になります。

社労士事務所ではサービスの対価として契約先の顧客から報酬を得ています。
顧問先の社員の人数に応じて、顧問報酬が決定しているようです。大きな会社ほど報酬は高くなります。

社会保険労務士には独立して開業している方と企業に勤めている方がいます。

開業社労士は、自分で事務所をかまえて顧客を獲得して経営者としての手腕が問われます。
リスクがある分、高収入が見込めます。
年収1000万以上の高額所得の方も多くいらっしゃいます。
(ちなみに社労士全体の平均年収は600万程度。一般サラリーマンは400万ちょっと。)

勤務社労士は逆に安定した雇用環境が期待できます。
組織のなかで働くのでチームワーク重視で、ある程度自由は制限されますが。
勤務社労士として経験を積んでから後々開業する、というパターンも見受けられます。

どちらにしても高い専門性を活かしてやりがいのある仕事ができる資格といえるでしょう。

しかし社労士試験は難しいことで有名です。
合格率は5~8%で、10人中1人受かるか受からないかの難易度の高い試験。
最低でも1年近くは集中して勉強する必要がありそうです。

合格者の大半は働きながら勉強をしている会社員というデータがあります。
また30代40代の合格者が最も多く、社会に出てからチャレンジする人が多いです。

社会保険労務士は他の資格と比べて女性合格者が多いのも特徴で、
合格者の「約3割」が女性だという、女性に人気の資格です。

専門性が高い資格なので再就職がしやすく、
パート・フルタイムなどライフスタイルに合わせて勤務形態も選べるのが魅力です。
育児や介護などのそれぞれの環境に合わせて仕事を続けていきたい女性に人気なようです。

こうしてみると社会保険労務士はとても安定した職業だとイメージができますね。
独立して高収入といった夢もありますし、企業内での安定を求める人にも向いていそうです。
有資格ということで転職などにもフレキシブルに対応しやすいのも魅力といえるでしょう。
人事労務といった問題はすべての会社に必ず存在するので今後需要が減るとは考えられません。

なかなかの難関資格ですが、目指してみる価値のある資格といえそうです。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ