特定社会保険労務士とは?

平成19年4月から施行された新しい制度に、特定社会保険労務士があります。
これは「紛争解決手続代理業務」をすることができる特別な資格です。
その業務内容は「社会保険労務士法」第二条第一項、一号の四から一号の六に規定されています。
具体的には、労働条件その他の労働関係に関する事項について個々の労働者と使用者の間で紛争が生じた際に、
当事者の代理人として個別労働関係紛争解決のためのあっせんや調停の手続き、
また、裁判外紛争の解決手続きや、それに関する相談対応、
手続きの開始から終了までの和解交渉、
さらに手続きによって成立した和解における合意内容の契約締結などの業務を行います。
この特定社会保険労務士は全国社会保険労務士会連合会が行う特別研修を修了して、
当該業務に係る試験(紛争解決手続代理業務試験)に合格した「特定社労士」でなければ行うことができない特別な業務です。

 

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ