どんな仕事をするのか?

社会保険労務士の仕事ってどんなのがあるのでしょうか?
社労士の主な仕事は労働や社会保険に関する手続きの代行、人事労務の相談、給与計算などです。

具体的な例をあげると、人事雇用等 労務に関する相談・指導、給与計算、労働災害、通勤災害における申請や給付に関する事務手続き、労働保険料の加入手続き、年度更新に伴う算定納付諸手続き、賃金や退職金、企業年金制度の構築などの仕事があります。

このことからもわかるように書類を作成するようなデスクワークが主な仕事になりそうです。
コツコツと細かい作業を根気よくできる方に向いている仕事ですね。

相談指導業務もあるので相手のニーズに答える対人能力も求められてきますね。

社労士の勤務スタイルは独立開業するか企業内で勤務する社労士になるか大きく2つに分かれます。
独立開業はリスクがありますが成功すればその分高収入が期待できます。

収入1000万オーバーも数多くいらっしゃいますしうまくいけば年収数千万も夢ではありません。
しかしうまくいかなければ当然収入は低く、安定した収入を望む方には向いていませんね。

また顧客を獲得する営業力が大切になってきますので基盤となる人脈がある人、自分で切り開いていくようなアグレッシブな方に向いている働き方だと思います。
考え方としてあまり手を広げずに仕事の量をコントロールして自分のペースで仕事を設計できる、というのも独立開業組のメリットとしてあります。

勤務社労士の方は、やはり会社員としての安定した収入、福利厚生などが魅力です。
チームを組んで組織で働きたい方に向いていると思います。

社労士としての専門性を仕事に活かせる場面もあれば、会社員として専門以外の業務もこなさなくてはならない場面もあるでしょう。
また将来は独立するつもりだけどまずは企業で関係する部署で経験値を積みたいと思っている方もいるでしょう。

仕事内容についてさらに細かくみていきましょう。
社労士の仕事は3種類に大別することができます。

この分類は社会保険労務士法第二条第一項の各号にその根拠を有しており、それぞれに定められる各業務を、一般に一号業務、二号業務、そして三号業務と呼んでいます。

一号業務とは、労働社会保険諸法令に基づく各種申請書などの作成、提出代行および事務代理などの業務を指します。

二号業務とは、同じく労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成業務を指しており、一号業務と二号業務は社会保険労務士でなければすることができない独占業務です。

一方、三号業務とは、労働・社会保険に関する相談や指導など、いわゆるコンサルティング業務で、これは社会保険労務士以外でも行うことができる非独占業務になります。

ピックアップ ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

社労士試験は競争率が激しく独学による学習では合格はかなり難しいです。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用もスクールに通うよりも格段に割安な点にあります。とくにテキストは図解・イラストで初学者の方、法律になじみのない方でもわかりやすい構成になっています。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの社会保険労務士合格指導講座で詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ